日本大学ランキング2019-2020トップ1%論文部門

 世界を変える偉大な研究があれば、そうでないものもある。もちろん、後者が圧倒的多数派だ。さて、日本の大学では、革新的な研究はどのくらい行われているだろうか。

トップ1%論文の特徴

 日本大学ランキングトップ1%論文部門では、トップ1%論文の数で日本の大学を分析する。トップ1%論文とは、被引用数が世界で上位1%に入る論文である。それ以外にも、トップ10%論文やトップ20%論文などがあり、評価したい内容によって指標は変わる。

 トップ1%論文は、言わば世界的な研究成果である。トップ50%論文部門は、研究者層の厚みを測ることを目的としているため、上位50%の論文数を採用した。

 論文被引用部門では、全ての論文の全ての被引用数を対象としているため、大学全体の研究水準を測ることができた。一方、トップ1%論文部門では、残る99%の論文を除外することから、得点が一部の上位研究者に依存しやすい特徴がある。

日本大学ランキング2019-2020トップ1%論文部門

 トップ1%論文部門が日本大学ランキング最初の関門である。表には、参考としてトップ50%論文部門と比較した順位の変動と得点の比率を掲載している。得点の比率は、

トップ1%論文部門の得点÷トップ50%論文部門の得点×100

である。この数字は100に近いのが好ましく、小さければ、これまでに行われた研究の内、有力なものの割合が相対的に少ないことを示す。

日本大学ランキング2019-2020トップ1%論文部門
順位 大学 区分 得点 比較
順位 得点
1 東京大学 国立 100.00 +2 111.84
2 京都大学 国立 98.36 0 99.53
3 東京工業大学 国立 87.78 -2 87.78
4 大阪大学 国立 76.75 0 95.14
5 名古屋大学 国立 66.89 0 87.79
6 東北大学 国立 61.46 +1 93.78
7 九州大学 国立 53.43 +2 82.95
8 北海道大学 国立 44.40 0 68.76
9 東京農工大学 国立 36.33 -3 51.41
10 慶應義塾大学 私立 29.34 +6 76.68
11 東京理科大学 私立 29.27 +4 73.49
12 神戸大学 国立 27.09 -2 59.30
13 東京医科歯科大学 国立 26.61 -1 63.78
14 金沢大学 国立 26.06 0 65.15
15 広島大学 国立 25.18 -4 58.91
16 岡山大学 国立 23.63 +5 65.68
17 筑波大学 国立 23.19 +2 61.54
18 首都大学東京 公立 22.62 +8 79.12
19 千葉大学 国立 21.14 -6 52.63
20 熊本大学 国立 19.05 -2 50.35
21 大阪府立大学 公立 18.43 -1 50.14
22 大阪市立大学 公立 17.61 -5 46.10
23 新潟大学 国立 17.59 +4 62.91
24 早稲田大学 私立 16.66 +11 74.39
25 横浜市立大学 公立 15.67 +3 56.61
26 長崎大学 国立 14.01 +4 54.14
27 群馬大学 国立 13.48 -2 43.73
28 山形大学 国立 13.30 +8 60.86
29 信州大学 国立 12.71 0 48.51
30 富山大学 国立 10.99 -6 35.31
31 岐阜大学 国立 10.08 -8 31.86
32 三重大学 国立 9.78 -1 37.96
33 愛媛大学 国立 9.61 -1 39.12
34 徳島大学 国立 9.38 -12 27.73
35 順天堂大学 私立 8.58 +3 49.38
36 近畿大学 私立 8.54 +3 54.88
37 鹿児島大学 国立 8.50 0 39.53
38 山口大学 国立 8.28 -5 34.80
39 鳥取大学 国立 7.21 -5 31.51
40 北里大学 私立 6.98 +1 60.80
41 日本大学 私立 5.95 -1 42.44

日本大学ランキング2020トップ1%論文部門

 日本大学ランキング2019-2020トップ1%論文部門第1位は、東京大学であった。トップ50%論文部門から2つ順位を上げ、研究レベルの高さを示した。2位は変わらず京都大学であり、東京工業大学は3位となった。

 論文被引用部門とトップ50%論文部門では得点が同程度であった東北大学、九州大学、北海道大学、東京農工大学の間で明暗が分かれた。東京農工大学にいたっては、トップ50%論文部門の約半分である。大学の実力を色濃く示すことになった象徴的な事例と言えよう。

 トップ50%論文部門から大幅に順位を上げたのは、慶應義塾大学、岡山大学、首都大学東京、早稲田大学、山形大学である。最も順位を上げたのは早稲田大学で、35位から24位に前進。慶應義塾大学は全体10位、私大1位となった。

 順位を大幅に下げたのは、千葉大学、大阪市立大学、富山大学、岐阜大学、徳島大学、山口大学、鳥取大学である。特に際立っているのが徳島大学で、得点比では約28%、順位は22位から34位にまで後退。

 トップ50%論文部門と比べて、上位大学については目立った変動はなかったものの、中堅および下位国立大学が大幅に得点を下げ、私立大学全般の順位が繰り上がった。

トップ50%論文部門との比較分析

 トップ1%論文部門と50%論文部門の得点比率を示したグラフである。左から国立、公立、私立大学に分け、各区分の中でトップ1%論文部門の得点順に並べている。

日本大学ランキング2020 トップ1%論文部門とトップ50%論文部門の得点比率

 グラフの一番左、東京大学が約112%であった。京都大学から九州大学までは90%前後の比率を維持しており、このあたりは合格点である。北海道大学からグラフ中央あたりに位置する信州大学までは50~60%まで比率が大きく下がっているのが見て取れる。富山大学から鳥取大学までは、30~40%となっている。

 右から1/3あたりで棒が長く伸びているのが首都大学東京である。下位国立大学と比べ、公立・私立は比較的健闘していることがわかる。